満足した休暇は“人生の豊かさ”に。休む理由が、そこにある。
WELLSOL(ウェルソル)創刊。

オンとオフの区別がつきにくくなった、今。
これまでの時間の使い方や居場所のあり方が大きく変わった、今。
自分自身の時間や空間(場所)を上手にコントロールし、心身共にリラックスした休息時間を過ごしたいという人が増えています。

「Sport&Do Resort 休暇にコンシェルジュを」をコンセプトに掲げるリソルの森では、「休暇の過ごし方」こそが人生の豊かさをもたらすと考えて、様々なアクティビティやサービスを提供しています。
より多くの方々に、満足した休暇をお過ごしいただけるよう、「休むことの大切さ、上手な休み方」をコンセプトとし、豊かな自然と魅力的な人々が存在する千葉県にこだわったウェブメディア「WELLSOL」を開設します。この場を通じて、「休むこと」についてあらためて見つめなおすきっかけとなれば幸いです。

WELLSOL編集長 高橋潔(リソルの森)

2021.09.30

千葉は薬草、ハーブの隠れた産地。植物由来の自然の恵みが夏の疲れを癒してくれます。

ウェルネス・リトリート

千葉県とハーブの歴史は江戸時代にさかのぼります。1722年、江戸幕府の命により船橋市薬円台にある約30万坪(99,173.6㎡)の土地に下総薬園(滝台野薬園)が開設されました。この薬園は残念ながら現存していませんが、気候が温暖で植物が育ちやすい県内には、ハーブ栽培がさかんに行われています。

例えば、県東南部に位置する夷隅郡大多喜町。千葉県が1987年に設立した「大多喜町薬草園」(後に大多喜町に移譲)をはじめ、大多喜町のハーブを一躍有名にした「大多喜ハーブアイランド」(2007年閉園。現、丘の上バラ園)や、4,500㎡を超える敷地と全天候型室内ガラスハウスが人気の「大多喜ハーブガーデン」などの施設があり、年間を通じてハーブに親しむことができます。

カフェレストランやガーデンショップ、香油屋、ドッグランなどを併設した「大多喜ハーブガーデン」
ここからリソルの森にもハーブを提供している。

フレッシュバジルがふんだんに使われたパスタ。
バジルは胃腸の機能を整える効果があるそうだ。


mitosaya薬草園蒸留所

さて、冒頭にご紹介した「大多喜町薬草園」は2015年に閉園し、その跡地は蒸留家の江口宏志氏らにより2017年から「mitosaya薬草園蒸留所」(以下、mitosaya)として営まれています。約16,000㎡の園内には、現在でも約300種のハーブや果樹が植えられており、敷地内で、毎月第一・第三日曜日に開催される無人販売所“HONOR STAND”では生産品や仕入れた野菜などを販売する他、来場者と一緒に農作業を行う“Farming Friday”なども開催しています。

蒸留家に転身する以前は、日本のブックカルチャーを代表する書店「UTRECHT」を都内で営んでいた江口氏。大多喜町の印象について聞くと「千葉の南部は、不思議と自分らしさをもって生きている人が多い気がする。東京や成田、羽田にも近いので、面白いことにチャレンジして発信しても人が集まりやすい」と、土地と人と出会いの“距離”のバランスの良さを挙げました。

元々ポンプ小屋だった建物と無人販売所 “HONOR STAND”

HONOR STANDの傍らにあるベル。用事のあるときには鳴らしてもらう。

百葉箱のなかが本棚に! 元書店主の江口氏らしい遊び心。

mitosayaでは、数十本から数百本、ごく限られた数の蒸留酒を月に3~4種類ほどをつくっています。蒸留酒は食前や食後、モード(気分)を変えたいときなどに嗜むものだからこそ、江口氏は「味や香りはもちろん、この場所だからできる原料や製造過程から楽しめるものを提案したい。僕らがつくるお酒は原料そのもの」とこだわりを話してくれました。

吉野杉でつくられた発酵樽とドイツKOTHE社の蒸留機。

薬草園で育ったハーブのなかから8種類を厳選し、
カベルネ・ソーヴィニヨンとベーリーAの搾りかすを使ったグラッパのボトルに漬け込んだ。
左から、ヒメハッカ、セキショウ、ウラベニシソ、ニガヨモギ、フェンネルの花。
漬け込んだ時間により、香りや色味が変化してハーバルでふくよかな味になる。


暮らすこと=つくること

mitosayaでは蒸留酒以外にも、植物や果実を余すところなく利用してつくられた様々なプロダクトを販売しています。お酒以外の品も充実しているためか、実に購入者の6割が女性だそうです。

蒸留器に残った一部のもろみ(果実ベース)に、
ハーブをはじめ様々な香辛料を入れて完成させた、こだわりのウスターソース。

同じ植物でも季節や収穫のタイミングによって使い方が違うなど「自然の良さは、小さな発見が詰まっていること」と話す江口氏。例えば、ウイスキー造りのために育てているライ麦の茎は、プラスチックに代わるストローとして飲食店からの引き合いが多く、近隣の福祉作業所と協働しながら、春に収穫した温室一棟分ほどの麦藁を一年くらいかけて無理のないペースで製造しています。

自然栽培のライ麦の茎で作られたストロー

このようなものづくりのヒントは、蒸留酒をつくりながら鶏の世話をしたり犬と散歩をしたりと、実際に園内に暮らしているからこそ見えてくるそうで、「自然からの恵みをmitosayaらしい形で表現したい。」と話す姿に “暮しながらつくる”日々の充実を感じました。

バーカウンターとテーブルを備えた温室

家族や愛犬と共に“暮らしながらつくる”

今回、リソルの森では、mitosayaオー・ド・ヴィを「BARもみじ」にて2021年10月1日より期間限定でご提供します。ふくよかな味と香りに癒される、特別なひとときをお過ごしください。

左から)いすみ市岬地域の梨のブランデーをオークの樽で熟成した「ISUMI BARRELED PEAR」、
大多喜町・高梨農園産のいちごをライススピリッツ浸漬後に蒸留しブレンドした「HI! STRAWBERRY」、
熊本・江口農園のネーブルを使ったオー・ド・ヴィ・ド・オレンジにマダガスカル産のバニラを加えた「SUMMER NAVEL」。


大多喜ハーブガーデン
千葉県夷隅郡大多喜町小土呂2423
https://herbisland.co.jp/

mitosaya薬草園蒸留所
千葉県夷隅郡大多喜町大多喜486
https://mitosaya.com/

ページトップへ戻る

リソルの森公式サイト

リソルの森株式会社

〒297-0201 千葉県長生郡長柄町上野526-6
TEL: 0475-35-3333(9:00~17:00)

Copyright © RESOL NO MORI All rights Reserved.